パプリカの品種について

今年は、エンザの品種を使いました。

赤はクプラ、黄はフェアウェイ(フィエスタ)です。

サイズはクプラが70-75mm、フェアウェイ75-80mmなのですが、当然ながら初期の着果ではサイズは上回っていましたが、後半では着果が多くなるとかなり小さくなりました。したがって、市場では最低ラインでも75mm程度の玉を要求されているので、この品種では、安定した収量をとることができないということになります。

そこで来年は、一回り大きなサイズの品種を選定する必要がありますが、候補としては赤がフェラーリ、黄がコレッティあたりを検討しています。

まだまだ栽培技術の向上が必要ですが、なんとかこの地域でのパプリカ栽培を確立していきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top